Columnさうしのコラム

sausiの『柄ものがたり』〜サンダンカ〜

投稿日:2018.08.24

sausiの『柄ものがたり』

〜柄の中に描かれている花や植物、生き物などのことについてあれこれ綴ります〜

『暮らしに馴染むサンダンカ』

 

街路樹から庭木にまで広く栽培されている花『サンダンカ』

沖縄では、オオゴチョウ、デイゴと並び沖縄三大名花とされている

馴染み深い花です。

少し、調べてみると日本には正保年間(江戸時代、徳川家光の頃)に渡来。

日本名は『山丹花』と言い、これは中国の山丹山に由来だそうです。

沖縄では『三段花』と名付けれられています。

その由来は1年に3回花が咲き、また花柄が三段に重なっていることからだとか。

確かに、鞠のようにこんもりと、ボリュームたっぷりの花姿は三段どころか

幾重にも重なり生垣にすると花で埋め尽くされているかのよう。

ほぼ一年中咲いているように思いますが、最盛期は5月と11月だそうです。

赤の他に、ピンクや白、黄色など花の色も多彩。

(ちなみに事務所の庭にも赤、白、ピンクのサンダンカ咲いてます

気になって、花言葉を調べてみたら、

『熱き思い』『張り切る』『神様の贈り物』とありました。

花言葉も素敵ですね。

  
ページ上部へ戻る

Copyright(C) Sausi 2017 All Rights Reserved.