Caritas notes

コロナと暑さと撮影と

2020.08.21

category...
Column社長通信

しばらくぶりの更新です。

沖縄では、新型コロナが広まり独自の緊急事態宣言が出るほど

一気に緊張が高まりました。

それでも最近は少しづつ抑えられてきているような気がします。

29日に宣言解除されるかは分かりませんが、

どうか1日も早く収束を願うのみです。

 

そんな中でも、当たり前ですが

経済活動は継続しなければいけません。

仕事の内容として、PCで作業しているので

打ち合わせはzoom、データのやりとりもメールという事で

そこまで大きな影響はないです。

 

しかし『撮影』だけは、外である程度の人数で

行う必要があります。

今月だけでも、動画とスタジオ撮影がありました。

最小限のスタッフで、

マスク、ジェルアルコール、除菌シート完備で

クーラーには水と飲み物を詰め込み

換気しながらの撮影という具合です。

 

野外での撮影の場合は、熱中症も心配なので

水分の他に塩飴なども準備。

定期的に休憩入れて、

ソーシャルディスタンス保ちながらという具合。

今年は特に沖縄でも猛暑なので、

撮影しながらのマスクは本当に苦しい。

心の底から『コロナめ〜〜〜』と思ってました。

 

過酷な状況でも、狙った通り&それ以上の画像が撮れたら

やっぱり苦労のすべてが吹っ飛ぶぐらい嬉しい!

作っている喜びを味わえます。

 

コロナにも暑さにも負けず

皆さんに喜んでもらえる広告を作り続けたいと思います。

 

写真はある撮影での一コマ

 

 

 

 

  • MAIL: info@caritas-ad.co.jp
  • TEL : 098-953-3295
  • FAX : 098-953-3296
  • ADDRESS :
    沖縄県那覇市具志2丁目7-14
    宮里方 2F

18時からは子どもの声が響く。子育てしながら働ける会社ですもの。