column-社長通信-

スタッフに感謝

2020.03.17

category...
Column社長通信

昨日、打合せ後にスタッフから

明日のお昼は予定ありますか?と問われ

コロナで会合や打合せも中止だから

特にないよと答えたところ、

空けておいてとのこと。

 

なんのことかなと思っていましたら、

バースデーランチをしてくれました。

 

このところバタバタしていて、

自分の誕生日など忘れていたので

心遣いに感謝です。

 

場所は、事務所近くにあるカフェ『KUCAL』さん。

豊見城の住宅街にあり、隠れ家カフェといった風情です。

まだオープンして間もないようですが、

お客様もいっぱいで人気店のようです。

 

眺めも良くて、心地よい。

お料理は、ポークソテーランチにしました。

前菜から手間暇かかっていて美味しい。

     メインのポークソテー。

ランチも美味しかったけど、

何よりもスタッフの気持ちが一番、嬉しかったです。

 

いっぱい迷惑かけてるけど、本当にありがとう。

もっともっと、いい会社にするよう頑張ります!

 

事務所に戻ったら、所属する那覇東ロータリークラブ から、

花束が届いていました。

(結婚記念日に贈られる習慣で、私は誕生日に入籍したので

今日届きました)

 

なんだか、思いがけなくプレゼントを多く頂いた感覚です。

1つ歳を重ねましたが、今日が一番若い日。

丁寧に、意欲的に生きていきたいと思います。

 

今だからこそ、何をやるか

2020.03.12

category...
Column社長通信

新型コロナウイルス感染症関連の暗いニュースが

連日報道されています。

 

イベントや集会も中止や自粛、

行楽地も営業停止で閑古鳥が鳴いています。

2月に京都と大阪に出張があったのですが、

祇園はガラガラで、天王寺のデパートも人がいない。

いつもは賑わう関空も空いていました。

 

あれからさらに事態は悪化し、

沖縄も観光はじめ多くの企業に影響が出ています。

所属している経営団体も軒並み例会や部会が中止となり

習っているお茶も自粛。

身近でも民泊を経営している方や

人材派遣にも影響が出ているとのことでした。

 

弊社には直接、大きな影響は出ていませんが

 

これは今後に備えるチャンスと捉えています。

 

昨日は東日本大震災から9年でしたね。

多くの尊い人命が奪われ、日本全体が鎮魂のムードになり

生き方を問い直す風潮が生まれたにも関わらず、

喉元すぎると忘れ、実態のないバブル景気の様相に

浮かれていたように思います。

 

オリンピック景気を当て込んでいた年に、

この新型コロナショック。

足元をよく見て、一時の狂騒に左右されない

経営をすることの重要性を感じます。

 

その意味では、中長期で物事を捉える視点こそが

大切なのだとも感じます。

弊社も、去年から大きな変化を迎えています。

今後の方向性を決める大事な年になることでしょう。

 

本当に大事なこと、やるべきことを

今こそじっくり考え、行動に移していきたいと思います。

 

余談ですが、招き猫社員メイちゃんも元気です

 

 

 

中小企業経営者のミカタ

2020.03.10

category...
Column未分類社長通信

主人が勤めている目加田経営事務所の

代表取締役 目加田博史社長が

“神”コンサル直伝

儲かる会社に変える7つのステップ』を

2月22日に株式会社秀和システムより上梓されました。

 

本のタイトルはキャッチコピーが強い印象ですが、

書いている内容は、わかりやすいチェックリストも

ふんだんに使われており、すぐに取り組めるような内容になっています。

(本の内容は、ぜひ購入してご一読ください!

Amazonが確実です→勝手に宣伝隊♫)

 

目加田社長は、タナベ経営で活躍された後

独立され沖縄をはじめ全国の中小企業を

建て直した実績を持つ経営コンサルタント。

 

同じくタナベ経営で働いていた縁で

主人は、沖縄で目加田社長と共に

働く機会に恵まれました。

 

直接にお目にかかるのは

年末のクリスマスパーティーが主ですが、

(目加田経営事務所では毎年、家族を含めて

宿泊のクリスマスパーティーを国内外のホテルで

開催されます。20周年の際はイタリアのアッシジを中心にローマにも。

また台湾の台北にも行きました。

県内での場合は、リッツカールトンやテラスグループ、

ハイアットなど一流ホテルで開催して下さいます)

主人を通して伺う目加田社長の人となりは

温かい父性に溢れた器の大きな方という印象。

時に厳しく鋭い意見も出しつつ、

ちゃんと心配りもする姿勢に多くの経営者が

惹かれるのだと感じます。

(私ごときがこんな感想述べるのは、

おこがましい以外の何者でもありませんが)

 

目加田社長は、創業当時から22年に及び

毎週1回メルマガ を発行しています。

当初はメールが一般的なツールでなかったので

FAXからだったとか。

 

その内容は、細かなデータに基づいた経営に役立つ

世の中のトレンドや、

時節の話題に沿った社員教育のヒントなど多彩なもの。

 

何よりも、感嘆するのは22年間という長きにわたり

毎週、内容の濃いメルマガ を書き続ける姿勢にあります。

それだけでも経営者として、コンサルタントして、

芯が貫いていることが伺えるのではないでしょうか。

 

勝手に宣伝隊としまして、

10冊ほど購入しましたので

懇意にしている経営者の皆さんへプレゼントしたいと思います。

 

私もじっくり読み込んで、自社の経営に活かしたいと思います!

すみれのように踏まれて香る

2020.03.09

category...
Column社長通信

昨日、自分の駐車スペースを見てみると

タイヤに踏まれながらも咲いている

すみれを発見。

 

花の中で、すみれが大好きな私。

(パンジーのようなすみれではなく、

野に咲くすみれが好きなのです)

 

一度、すみれの寄せ植えを作ろうと

チャレンジしましたが根付かずに大失敗。

道端で勝手に咲くくせに、

鉢に植えようとしたら根付かない。

野生の厳しい環境で咲くところに

共感するのかも知れません。

 

駐車場に咲いたすみれも、

タイヤに踏まれながらも懸命に咲いています。

 

敬愛する渡辺和子理事長の著書に、

『スミレにように踏まれて香る』があります。

すみれは踏まれてなお、香りを放つという

エピソードにとても共感しました。

 

すみれに共感するのは

傷ついても、なお香りを放つスミレのように

逆境や苦難をも飲み込んで、

人生を豊かに生きれるようになりたいという

願望がすみれに惹かれる理由なのかも知れません。

 

コロナウィルスの影響で、かつてない混乱に

面している現状。

この苦境をスミレのように咲ききれるように。

今こそ、仕事との向き合い方や

生きる姿勢を見つめ直すようにしたいと思います。

 

 

 

 

 

沖縄国際洋蘭博覧会で大使・大使夫人とアフタヌーンティー

2020.02.05

category...
Column社長通信

沖縄は桜も咲き始め一足早く春到来。

この時期、海洋博公園はじめ熱帯ドリームセンターでは

世界国際洋蘭博覧会が開催されます。

企画の1つとして、

ランを使った女性大使・大使夫人によるテーブルアレンジメントが

会場に展示されています。

 

今回、そのイベントとして女性大使と、大使夫人と

私が所属する沖縄県中小企業家同友会

女性経営者部会『碧の会』のメンバーで

アフタヌーンティーを通した交流会がありました。

会場は、琉球ガラス村様による琉球ガラスを使った

春らしいコーディネート。

さらに、琉球紅茶様の美味しい紅茶とスコーンや

キューカンバーサンドイッチなど

アフタヌーンティーを彩る美味しい演出も!

 

各テーブルには、各国の観光情報誌やポストカード、小物など

お土産まで用意されており心遣いに感激。

左から、ヨルダンハシェミット王国特命全権大使『リーナ・アンバーブ閣下』

駐日外交団長サンマリノ共和国特命全権大使『マンリオ・カデロ閣下』

メキシコ合衆国特命全権大使『メルバ・ブリーア閣下』

ギリシャ共和国大使夫人『イオアナ・ハリクリア・ヤナカル様』

 

大使や大使夫人とアフタヌーンティーということで

緊張していたのですが、

皆様とてもフレンドリーで、気さくに話してくださいました。

 

サンマリノ共和国のマンリオ大使は奥様も日本人ということもあり

日本語もペラペラ。沖縄のこともよくご存知で通訳なしで

思いを伝えてくださいました。

 

驚いたのは、女性大使が2人もいらしたことです。

時間の都合で先に帰らねばならなかったメキシコのメルバ大使は、

各席を歩きながら自国の紹介と、

メキシコの女性の状況をプレゼンテーション。

英語で語られていても思いは伝わるスピーチでした。

 

女性の生き方や働き方についてどんな取り組みをしているか

質問したところ、

ヨルダンのリーナ大使の話がとても心に残りました。

『皆さんは私が大使なので特別優秀だと思っているかも

しれませんが、そうではありません。

私がここにいるのは、素晴らしい先輩たちが

次へとつながる扉を開けてくれたのです。

皆さんも女性経営者と聞きました。

ぜひ、次の世代が活躍できるように最大限のサポートを

してください。それが大切だと思います』

 

碧の会も30周年を迎え、女性経営者の先輩方から

道を開いてくれ、さらに多くのチャンスを頂き

今があると思います。

継承する私たちが次の世代に、次の扉を開けて背中を

押すことの重要性を気づかせてくれました。

 

2時間たっぷりとお話できたのですが、

印象に残ったのは自国の特性や文化をしっかりデータを交えながら

伝え、さらに日本や沖縄との共通性を通して

交流を深める大使の皆さんのホスピタリティです。

 

大使と交流する機会など滅多にないので

今回の機会に感謝です。

また、碧の会を通して次世代へのつなぎ方を具現化したいと思いました。

 

参加者全員で記念撮影。

 

各国のテーブルコーディネートです。

 

 

 

成人の記念に

2020.01.13

category...
Column社長通信

昨日、姪が成人式を迎えました。

(偶然12日は、彼女の誕生日でもあります)

京都に進学しているので、

11日に帰沖して、夜は親族集まってパーティー。

 

翌日は、成人式。

仕事のコネクションを駆使して、

懇意にしているカメラマンに

ロケーションフォトをしてもらいました。

振袖は、約40年前に私が13祝いに祖母から贈ってもらったものです。

着物は代々、着続けることがきるので

こういう時に良さを感じます。

 

 

姪は茶道部でもあるので、

こんなカットも撮影してもらいました。

 

成人式後は、2年かけて伸ばした髪を

ヘアドネーションしました。

ヘアドネーションとは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動です)

より意義深い20歳の記念になりました。

 

大人の仲間入りした

彼女の人生が幸多いことを願います。

 

2020年もよろしくお願い致します

2020.01.05

category...
Column社長通信

明けましておめでとうございます。

2020年もよろしくお願い致します。

年末年始は、9連休ということでしてたが

ゆっくりされたでしょうか?

 

私は29日から京都に帰省しておりました。

昨年から、京都に進学している大学生の姪も一緒に

年始には神戸へ1泊旅行もしてきました。

 

久しぶりの神戸でしたが、異人館やハーバーランドにも

足を伸ばし、その変化ぶりにビックリしました。

夜は、中華街で料理や紹興酒を頂き、

温泉も楽しみ新年から良い気分。

 

翌日は、王子動物園へ。

なかなか大人になって動物園に行くことが

ないので満喫しました。

しかも、王子動物園はパンダもいればコアラもいて

(やる気のない旦旦タンタン)

(コアラは家族で5匹ほどいて餌やりシーンにも遭遇)

(個人的にすごく見たかったマヌル猫)

(めちゃ元気に泳いでいたペンギン)

 

個人的には上野動物園より、王子動物園が

動物の種類といい展示の仕方といい好みでした。

 

改めて思ったのは、阪神大震災からしっかり復興している

神戸の街を見て、首里城もきっと復興できるし

より良い街づくりにするための教訓にせねばと感じました。

 

今年はオリンピックもありますが、

浮かれずに地に足をつけて

自分の信じる道を進むのみ。

良き年になることを願います。

 

POPE IN JAPAN 2019

2019.11.22

category...
Column社長通信

明日、23日に38年ぶりに

ローマ教皇が来日されます。

東京・広島・長崎にて御ミサも行われる予定。

 

ローマ教皇の来日は、1981年の

第264代教皇ヨハネ・パウロ二世以来、2度目となります。

 

カトリック信者にとってローマ教皇(信者は敬愛を込めて

パパ様と呼びます)の来日は大イベント。

特に信者数の少ない日本にいらっしゃるのは

滅多にないことです。

(私的にはオリンピックより凄いこと)

 

明日訪日されるフランシスコ教皇は、

清貧を実践した13世紀のアッシジの

聖フランチェスコにちなんだ

命名であることからも、

就任時から多くの改革を実行し、

とても人気の高いパパ様です。

 

今回の教皇来日のテーマは、

「すべてのいのちを守るため〜PROTECT ALL LIFE」

特に核兵器廃絶を訴え、平和を祈るとされています。

 

日本に対する思いも深いものがあり、

若い頃、日本への宣教を希望したこともあったそうです。

核廃絶に対する思いも強く

昨年、配られたカードは大きな話題になりました。

被爆直後の長崎で撮影された

『焼き場に立つ少年』です。

(朝日新聞デジタルより転載)

 

戦争がもたらすものというメッセージに

いかに戦争が愚かなことであり、

核兵器が非人道的であるかを伝えていると思います。

 

本音を言えば、沖縄にもいらして頂き

御ミサに与りたいという気持ちが強いです。

(いつも教会に行かない信者のくせに)

 

愛は近きより始まる。

パパ様の来日を機に、自分の信仰と祈りを

改めて考えたいとも思います。

 

今回の訪日では各地で行われるミサを

youtubeで配信します。

興味のある方は、ご覧になってください

https://www.youtube.com/channel/UCYU5ZWthxsnKUiU8Kr3nv6A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事は楽しい?

2019.10.14

category...
Column社長通信

休み前に主人がインフルエンザに罹患したため、

色々、予定も入っていましたが、

感染していたら大変なので全てキャンセルに。

 

しかし弱っている主人とは対照的に、私自身は元気。

天気も良くて出かけたくなる衝動もありますが、

溜まっていた企画をやる良い機会と捉え、

この3連休は自宅で掃除&仕事をしています。

 

ワーカーホリックかもしれませんが

基本的に仕事が好き。

企画して、それを組み立てていく過程が好きなので

いわゆる仕事バカなのでしょう。

 

大学や短大の広報に関わり、

さらに企業の採用に関する仕事をしていて思うのは

仕事って、2つの側面があると思うのです。

1)生活を支える糧を得るために対価として労働するという側面

2)仕事自体の内容が好きで生きがいになるという側面

 

なぜ、こんなことを思ったかというと

昨日『情熱大陸』で、北海道のパン職人『奥土盛久』さんの

働きぶりを見たからです。

26歳で北海道に入植し、畑を開墾した上に

小麦を始めパンに使う作物を自分の手で栽培。

さらに、石窯で焼き上げるというこだわりよう。

肉体的にもキツイ中で奥土さんは、365日休みなしというのです。

 

その理由は、新しいパンのアイデアが浮かぶと

使用する材料の種から植えるので、

新しく苗を植える準備をしたりと仕込みが増えるので

休むことがないそうです。

 

しかし、そう語る奥土さんはとっても楽しそう。

もっと、もっとやりたいことがたくさんあってと語る

表情はとても嬉しそうでした。

 

学生さんと話していると、仕事に対して

ネガティブなイメージを持っている人が

多くなっているように思います。

メディアの影響もあると思うのですが

『会社=ブラック企業』的なイメージを持っているようなのです。

(君ら、働いたことないだろという心のツッコミは置いといて)

 

私が言いたいのは働き方改革が叫ばれる中、

いわゆる昭和の24時間戦えますかという

生き方を賞賛してるのではなく

働くこと自体を楽しく感じないと苦痛でしかなく

楽しくない仕事は、やりがいも伸び代もないだろうから

経営者も社員もどちらも不幸と思うのです。

 

一度しかない人生。

もちろん、何をやりたいのか模索して

適職がわからないという人もいるでしょう。

私自身、今の仕事は好きだけど

今後も同じスタイルで続けるかどうかはわかりません。

ただ明日も、月曜日も職場に行きたいなと思うような

仕事をしていたいと思います。

 

そして、経営者としても

社員が働きがいのある職場づくりに

尽力したいと思うのでした。

 

とか言いながら、労働生産性を下げる

このように癒し係もいますがね。

(商品撮影しようとしたら、そんな陳腐なものではなく

私を撮りなさいというメイさん)

 

 

 

 

 

 

 

 

新入りの同伴出勤OKです

2019.10.10

category...
Column社長通信

更新をサボっておりましたが、

元気に毎日忙しくしております。

 

メイちゃんの招き猫効果で、

たくさんのお仕事を頂いており、

猫の手も借りたい状態。

(しかし、現実の猫の手は、

邪魔はすれど何の役にも立たないのは周知の通り)

 

経理を依頼しているパートのHさんも、

子育てしながら、集中して業務をこなしています。

そんな状況を察したのか、

昨日より新入りさんがやってきました。

 

じゃーーーーーーん!

テンちゃんです!(オイ、また猫かい!)

実はメイちゃんの招き猫効果は、

仕事に止まらず新たな子猫を拾うという効果も

もたらします。

 

メイを迎えてからというもの

この半年で、社員のCさん宅も10数年ぶりに

子猫をお迎え。

(息子くんがホームセンターの駐車場で

1匹で鳴いていたのを拾ってきた)

 

そして、経理のHさんもつい最近、

道で迷っていた子猫を拾った友人からお願いされて

お迎えしてしまったのです。

(猫は好きだけど、まだ無理かなと

ハムスター飼ったばかりだったのに)

メイさんの招き猫効果恐るべし・・・・。

 

ということで、Hさんから

日中は家に家族が不在なので

同伴出勤して良いですかというお願いがあり

経理のHさんと共に、テンちゃんも一緒に出勤しています。

(我が社は同伴出勤まで許可する会社になりました)

 

そこで、気になるのがこの方の反応。

事務所の女王さまとして君臨するメイさん。

 

どんな反応だったかと言いますと、

この通り。

あいつ、誰?

アタイのシマに無断で入るとはいい度胸じゃないの!

(いきなりガラが悪いメイさん)

この私にご挨拶なさい!(今度はデヴィ夫人風)

 

ええ、実際は遠くから威嚇のシャーシャーは言ってましたが

2日めからは、少し慣れてきたようです。

 

メイさんは一人っ子なので、

たまには刺激与えるのも良いかと思っています。

 

まあ、しかし子猫って本当に可愛いですね。

このままでは、デザイン事務所ではなく

猫カフェになりそうな勢いですが、

猫はこれで打ち止めとしたいと思います。

休日はYou tubeをBGMに

2019.09.21

category...
Column社長通信

3連中の初日なのに、台風ですね〜。

(あまり、連休は関係ないですが・・・)

 

休日に残務処理することが多いのですが、

旦那はんも似たような状況なので

自宅のリビングでお互い、

猫に邪魔されたりしながら

パソコンに向かいパチパチやっています。

 

(こちらは、昨日のラグビー日本代表の活躍を確認するニコさん)

 

最近、休日の仕事時間のお供になっているのが

You tubeです。

最新の音楽MVが流れているので、

今まで流行に疎かった旦那はんの音楽知識が大幅にバージョンアップ。

米津玄師、あいみょんなどのメジャーどころから

King Gnuや女王蜂とかも、わかり始めました。

ついこの間まで、RADWIMPSも知らなかったくせに・・・。

最近では、PVのイントロで『King Gnuの飛行艇や〜』とか

言い始めるようになりました。

まあ、世の中でウケてる物を見るのは職業的にも必要と思うので

良かったです。

 

私もYou tubeを見るのは、CMやPVづくりのアイデアソースにもなるので、

仕事しながらネタの仕入れもやっている感じです。

休日の仕事時間は、猫とコーヒーとYou tube。

この3要素で構成されています。

 

月次会議は大騒ぎ

2019.09.14

category...
Column社長通信

今日は月に1度の月次会議でした。

そして、もちろんネコ社員メイさんも絶賛参加。

なのは、良いのですが

いざ、会議スタートとなった瞬間に『おもらし騒ぎ』

(ちゃんとトイレ出来るくせに、注目集めたい時にやらかします)

 

数字の振り返りや、年末までの予測、さらに次年度への種まきなど

営業的なことから、それぞれの課題なども話しますが

この方が真ん中にドーンといらっしゃるわけです。

 

お前ら、ちゃんと聞いてるか!

もっと、私のために稼ぐように!

き、厳しい営業部長メイさん。

 

何はともあれ、厳しいけど可愛い営業部長のおかげで

みんな頑張っております。

 

『ねばならない』の呪縛

2019.09.13

category...
Column社長通信

朝起きて、今日のルーチンを考えた後に

何を考えるかと言うと・・・・・

ズバリ『今日のご飯』です。

 

夕飯は、会食がない限りほとんど自宅の我が家。

なので、毎日の夕飯メニューを考えるというワケです。

(2〜3日分のメニューは常に考えて買い物はしてますぞ)

 

うちは子供もいない中年2人暮らし。

さらに、お弁当作りとかもない状況なのに、

なぜこんなにメニュー作りに悩むのか?

(私の料理スキルが低いことは、この際置いておく)

 

その原因を辿ると、思い当たったのが

『自分で手作りしなくちゃグータラでダメな女』という

良妻賢母であらねばならない!という

『ねばならない!』の呪縛です。

 

心のどこかで、店屋物やお弁当、お惣菜ばかりじゃ

家事に手を抜く駄目妻という意識があるから後ろめたい・・・。

だから、ランチタイムにクックパッドを見て、

『簡単 キャベツ』(簡単がつくとこがリアルでしょ)

とかのキーワード打ちながら、

夕飯の段取りを考えるなんてこと

してるんじゃないかと思い当たったのです。

 

しかし本音を言えば、小さくとも会社を回してる

私は経営者であり、現場も回してるプレイヤー。

仕事のことだけ考えて、それこそ家帰ったら

昭和の親父のように

『メシ!風呂!寝る!』と言いたい。

 

なのに、なるべく夕飯を手作りしようとするのは

『ねばならない!』の呪縛なのではと思うのです。

因みに、主人は私の性格がこんな『メシ!風呂!寝る!』宣言を

したい昭和親父であり、経営者であることに理解があり、

必ず『ご飯は手作りで』という性格ではありません。

 

なのに、なぜこだわるのか?

仕事ばかりで家事も適当〜な自分に後ろめたさがあるから

せめてご飯ぐらいは手作りする女性でありたいという

『ねばならない!』の呪縛に囚われているからだと思い至ったわけです。

 

しかし、最近とうとう手を出しました・・・。

それは・・・禁断の『カット野菜』

いやー、便利です&さらにお得です。

使い始めたら、時短だし洗わなくてもいいしブラボー!

こりゃあ、働く女性の味方だね。

 

すると、先日クライアントに伺った際、

たまたま女性ばかりのメンバーで話題に上がったのが

『カット野菜』!

みんな感じていたことは同じだったようで

罪悪感があったけど、使い始めたら便利でもう戻れない!と

大いに盛り上がりました。

 

これから、どんどん働く女性が増える時代。

私たち女性自身の価値観も『ねばならない』の呪縛から

抜ける必要があるなと感じた出来事でした。

(画像は、コラムを書く私をふ〜んと眺めるメイさんです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄って美しい島だなぁ

2019.09.10

category...
Column社長通信

ここ最近、ずっと撮影三昧です。

ちょっと前に

スタートは名護から、今帰仁、宜野座、浜比嘉経由で

ラストは首里という沖縄縦断する撮影がありました。

 

ご覧ください。この風景。

滝から、森から、海から、民家まで。

沖縄には素晴らしい自然がまだまだあります。

撮影の為に、訪れたスポットはどこも美しい場所ばかり。

 

カメラマンと同行したので、やはりよくスポットを知っています。

おかげで、素晴らしい写真がたくさん撮れたので大満足。

 

でも、その中でカメラマンと話していたのですが

かつては、地元民しかおらず沖縄の原風景といって良い場所が

多く存在したにも関わらず、

観光客の激増やインバウンド客、

さらにインスタ映えを求めて、

こんなとこまで人が来るの?といった場所まで大混雑。

いわゆる観光疲れが、多く見られました。

 

撮影となると、人の少ない穴場を探して撮影するのですが

その穴場が激減していることを、

今回の撮影でも痛感しました。

 

先月の東洋経済に『ハワイvs沖縄』特集号がありました。

今や観光客数では、ハワイと肩を並べるまでになった沖縄。

記事では、今後の課題としていかに沖縄の文化を認知させ

観光資源にすることができるかが今後の発展を左右するとありました。

確かに、ハワイは『ロコスタイル=現地の人の暮らし方』が

憧れと捉えられ、フラやサーフィンも文化として定着しています。

 

沖縄の私たちの暮らし方、生き方が

世界に人に認知され、敬意を抱いてもらうことは

真の観光立県に繋がるものと考えます。

 

この美しい風景がこれ以上、壊れないようにする為にも

環境と心の保全をいかにしていくかが

沖縄人としての生き方に繋がると感じた

撮影旅行(仕事ですが)でした。

 

いやー、しかし暑かった!

 

『碧の会』30周年記念コシノジュンコ氏 講演会

2019.09.08

category...
Column社長通信

私が所属している沖縄県中小企業家同友会

女性経営者部会『碧の会』が今年、30周年を迎えます。
記念にコシノジュンコ 氏をお招きした講演会を

9月5日に開催しました。

昨年度から、実行委員会を立ち上げ準備してきました。

講演はもちろんですが、

30周年なので歴代部長の表彰などの記念式典や

学生にも聞いてもらおうと各大学への招待など、

企画も盛りだくさん。

 

大きな周年事業に関わったことは、

自分自身の良い経験にもなりました。

 

講演前日には、コシノジュンコ氏を囲んでの夕食会を開催。

世界的なデザイナーの方なので、緊張していたのですが

とても気さくでチャーミングな方でした。

とても、印象的だったのは誰に対してもフラットで丁寧な対応。

3時間近くの会食の中で、色々なお話もさせていただきました。

 

東京オリンピックや大阪万博などにも関わっていることもあり、

政府のお仕事も多いそうですが、

『デザイナーは、サービス業。だから文部科学省ではなく経済産業省なのよ』

という言葉に感銘を受けました。

デザイン経営は最近こそ、ユニクロのデザインをした佐藤可士和さんや

くまモンの水野学さんの活躍で注目されてますが

競争激しいファッション界で活し続けるコシノジュンコ先生は

数十年前からデザインと経営は両立せなばならないことを

感じていたのだと感動しました。

 

もう一つ、人と人を繋げるアイデアが盛りだくさん。

その原点にあるのは、『こうやったら楽しいわよね』

『こうしたらもっと美しくなる』という喜ばせたいという思いだと。

とても刺激を受けました。

 

食事会のラストには、写真も快く撮影。(皆で明日頑張るぞーのポーズ)

 2ショットも!

講演会は当日は、台風の影響で雨の中でしたが大盛況。

(画像は碧の会よりお借りしました)

 

多くの方にも参加頂き、主催者側としては心から感謝。

碧の会を立ち上げたチャーターメンバーの先輩方も多く

来場下さり、華やかなつどいとなりました。

もう一つ、嬉しかったのは懇親会で、

以前習っていたフラメンコの冨原千智先生が出演くださったこと。

久しぶりに先生の踊りを見て、フラメンコの奥深さも感じました。

30周年の大イベントでしたが、良い経験になりました。

  • MAIL: info@caritas-ad.co.jp
  • TEL : 098-953-3295
  • FAX : 098-953-3296
  • ADDRESS :
    沖縄県那覇市具志2丁目7-14
    宮里方 2F

ずっと、おつきあいが続くこと。それが「信頼」ってことですよね。