column-社長通信-

エリッククラプトンに会いたくて

2019.04.23

category...
Column社長通信

史上最長の10連休前で仕事バタバタの中、

すっかり前のことですが4月13日にエリッククラプトンのライブが

あったので参戦してきました。

 

東京はまだ桜が残っているところもあり、

今年もソメイヨシノに会えて嬉しかったです。

久しぶりに東京だったので、ライブ前に旦那はんの希望で

靖国神社へ参拝。

旦那はんの叔父様は、戦艦大和に乗って帰らぬ人となった経緯があります。

機会があれば参拝したかったそうです。

 

沖縄戦に向かって戦艦大和に乗り命を落とした方の甥と、

父の代わりに対馬丸に乗り命を落とした叔母の姪が、

夫婦となり今を生きる。

運命の不思議さと、平和の尊さを改めて感じました。

 

余談ですが、桜の開花のたびに報道される

靖国神社にある東京の標本木を発見。すっかり葉桜でしたけどね。

 

とても、天気が良かったので九段下まで歩き

ついでに国立近代美術館へ。

 

まず、シュールレアリスムを代表する福沢一郎展を鑑賞。

(社会批評をユーモアを交えて表現した作品群をみていると、

現代と重なる部分が多く新時代に変わる今だからこその企画だなと感服)

 

さらに、グラフィックデザインの先駆け的な存在だった杉浦非水展も鑑賞。

知らなかったのですが、ものすごくアイデアソースがもらえました。ミュージアムショップで図録を購入したほどです。

たっぷり時間をかけて鑑賞することができて大満足でした。

そして、夕方にはいよいよエリッククラプトンライブへ。

エリッククラプトンを初めて意識したのは、

TDKのカセットテープCMソングとして流れていた『レイラ』を聞いてから。

(調べてみたら1983年ですと。カセットテープってのも時代感じます)

 

なんてカッコいい歌なんだと衝撃を受けた記憶があります。

そのあとは、アンプラグドの大ヒットなどありますが

ずっと聞いていたミュージシャンだったのが

エリッククラプトンだったわけです。

 

今回、武道館5DAYが発表された際に

クラプトンも74歳。

これを逃したら、2度と聞けぬかもと思い

今回のライブ参戦となりました。

 

私は武道館も初めてだったので、良い経験ができました。

(シンボルの玉ねぎが工事中だったのが残念でしたが)

 

さすが、エリッククラプトンだけあって

おじさん率が高い。(私らもですが)

さらに、蘊蓄を語り続ける方も多く存在。

(隣のおじさん二人組もずっと語っていました)

それだけ、長い間愛されているんだなぁと感じました。

 

肝心のライブはというと、

本当に素晴らしかったです。

 

セットリストはこの通り

<SETLIST>
1. Pretending
2. Key To The Highway
3. I Wanna Make Love To You
4. Hoochie Coochie Man
5. I Shot The Sheriff
6. Driftin’ Blues
7. Running on Faith
8. Nobody Knows You When You’re Down and Out
9. Tears In Heaven
10. Layla
11. Badge
12. Wonderful Tonight
13. Crossroads
14. Little Queen of Spades
15. Before You Accuse Me
(Encore)
EN1. Cocaine

 

エレキバージョンのレイラが聞けて大満足!

アンコールには、ジョンメイヤーが登場!(後で名前知りました)

『コカイン』をやってくれて大盛り上がり。

三大ギタリストと言われるだけあり、

さすがの超絶テクニックで素晴らしかったです。

(ゲストは初日のみだったらしいので、ますますラッキー)

 

無理やり行って本当に良かったライブでした。

70すぎてもトッププレイヤーのクラプトンのように

味のある大人になれるよう、

頑張ろうと思い直した夜でもありました。

 

平成から令和へ

2019.04.01

category...
Column社長通信

新元号が発表されましたね。

外出先から事務所に戻ったら

ちょうど、新元号発表の実況中継をしていました。

思わず、写真に撮りましたが『令和』とは、予想もしていないものでしたね。

前回の『平成』元号発表の際は、1989年で女子大生だった私。

年明け早々に、昭和天皇崩御となりテレビが一斉に追悼番組ばかりで

自粛ムードだったことを思い出しました。

今回は、生前退位ということでお祝いムードなのも

良かったなと思います。

 

テレビでも散々、話題となってますが

昭和生まれだと、平成、令和と3元号を生きることになります。

その昔、祖母が明治生まれだったので

明治、大正、昭和の3世代を生き抜いた

ど根性ばあちゃんなどと表現していました。

 

しかし、時は流れて同じように私も

昭和、平成、令和を生きることになります。

 

少し前までは、平成生まれがとうとう二十歳に!とか

平成生まれが新入社員に!なんて驚いていましたが

とうとう令和がやってきます。

 

今回の元号が『令和』になった理由として

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」

としており、万葉集から典拠となったとありました。

 

いつの時代でも、元号には世の平和や人々の幸せを願う思いから

名付けされてきたと思います。

 

明治以降、対外戦争を体験してきた日本ですが

平成は戦争のない時代として幕を閉じようとしています。

 

しかしグローバル化が進み、AIの進化による新たな兵器の開発など

世界は不安の時代に突入しているように見えます。

 

戦争を起こすのも、平和を守るのも私たち人間の意思一つ。

 

平成に続き令和の時代も戦争のない平和な世の中であるよう

心から願うばかりです。

スタッフのバースデーランチ

2019.03.29

category...
Column社長通信

一日遅れてしまったのですが、

スタッフが誕生日でしたのでリクエストされた

豊見城にある「Les Traces de MA/レトラスドゥマ」さんで

バースデーランチしました。

 

東京で、長年営業されていたそうですが

シェフが沖縄出身ということで戻られて2018年にオープンされたお店です。

とても、わかりにくい場所にあるのですが予約しないと

入れないぐらいの人気でした。

 

ちなみに、あくまでレストランではなく

お菓子屋さんということでランチはケーキ付きがおすすめ。

もちろん、今日はケーキ付きをオーダーしました。

 

県産野菜を使ったサラダ。

私のメインは豚肉のトマト煮。

なかなか食べ応えあります。

デザートは、マカロンが乗った

ピスタチオクリームのケーキにしました。

ごちそうさま!美味しかったです。

 

本当は夜にディナーが良いのですが、

子育て中のスタッフもいるので最近はランチになっています。

 

Lちゃん、お誕生日おめでとう!

これからも一緒によろしくお願いします。

利休忌の茶会

2019.03.22

category...
Column社長通信

昨日は春分の日でしたね。

お茶の先生に案内いただいたので、母と共に茶道裏千家淡交会沖縄支部主催の「第44回利休忌茶会」にお邪魔してきました。

待合にて、立礼席と薄茶席の掛け軸と会記や箱書が展示されていました。超初心者なので、今回のような茶会はまだまだ慣れませんが、お軸の意味やお道具について少しづつ理解できるようになり勉強になりました。

立礼席のお軸は『力囲希咄』利休忌にふさわしく、辞世の句である『人生七十 力囲希咄 吾這寶剣 祖佛共殺 堤る我得具足の一太刀 今此時ぞ天に抛』に因んでと思います。

(わかっている風に書きましたが、もちろん、スマホで検索しましたよ!えへへ)

いよいよ、案内されて立礼席へ。

本席の床飾りはこの設でした。

お軸は『一華開五葉』

下の句があるようで、続きは『結果自然成』

一つの花は、5つの花びらがあり、やがて自然に実をつけるという意味だとか。

達磨大師が弟子に伝えた言葉だそうです。

私も、そのような心持ちでいたいもの・・・。

 

 

ですが、煩悩にすぐ支配されお菓子とお茶を

楽しみに待つ世俗人の私。

 

期待のお菓子は松江の風流堂さんの『若草』。

求肥に若草色のそぼろをまぶしたお菓子で、春を感じさせるお菓子でした。

お詰めは、祇園辻利さんのもの。

お茶会はお点前を間近で見ることができる機会なのですが

、4列目ぐらいとなりよく手元が見えず残念なことに。

しかし、正客との問答などお茶会でしか拝見できないものがあり

勉強になりました。

 

その後、お道具拝見の際には、皆さん我先にと取り囲んでいるので

少し落ち着いてから、恐る恐る拝見。

一言で言うなら、『資本力がないとできんな~』と言う

これまた世俗的な感想の私。

(もちろん、素晴らしいのはわかるんですよっ。

流石に疎い私でも、良いお道具はすごさが伝わるなと思いました←本当か?)

 

一息ついてから、薄茶席へ。

ちなみに薄茶席の待合のお軸と会記はこのような感じ。

 

程なく薄茶席も会場へ案内されて入室。

会場の関係もあると思うのですが中央に茶室を設があり、お正客は正面のテーブルに座ると言うレイアウトでした。本席のお軸は利休像。お花も菜の花です。

お菓子は四季彩さんの都の春。お詰めは、一保堂さんの曙の白でした。

緊張していたのですが、お隣に座られた方がベテランの方だったので、

安心して楽しめました。

 

お点前もよく見えて、先生にいつも注意されているポイントなどもわかり、

客観的に見るのは大切だなと思った次第。

 

その後のお道具拝見ですが、

なかなかお目にかかれないお道具ばかりで目の保養です。

写真に写っていないのですが、菓子器が大嶺実清先生の器で、

とても素敵でした。壺屋焼を入れるのもいいなぁと思った次第です。

 

大きな茶会に行くのは2度目でしたが、勉強になりました。

しみじみ、お茶はおもてなしの総合芸術だなぁと思います。

まぁ、私は気楽に毎日の暮らしの中で

お茶を楽しむスタンスで続けて行けたらと思います。

FM那覇『OKINAWAビジネスサテライト』出演しました

2019.03.15

category...
Column社長通信

子育て良品の野添さんから紹介されて、

FM那覇で放送中の『OKINAWAビジネスサテライト』

出演させていただきました。

(オンエアは3月27日予定です)

 

ナビゲーターは、 CHMAコンサルティング株式会社の金城力さん、

株式会社エナジーフロー 人材開発コンサルタントの伊波尚子さん、

株式会社キャリア&スタディーズの矢崎朋子さんのお三方。

 

コンサルタントを生業にされているお三方の番組で

話すのも烏滸がましい気がしましたが、

リードがお上手で、あっという間の30分収録でした。

 

その昔、某ビール会社のお歳暮広告でキャッチコピーを制作した事で

ラジオ番組に出演した事がありました。

しかし、何せ照れ臭いので一杯、飲んで出演した私・・・。

 

本番は、すっかり上機嫌でとんでもないトークをして

黒歴史となった過去があります。

ちなみに当時のパーソナリティーは、玉城デニー現沖縄県知事。

その出演がご縁で、妹の結婚式披露宴の司会もお願いしたのだから

人生何があるかわかりませんね。

 

ラジオに出演させて頂くと思うのが、

やはり制作側が落ち着くという事実。

久しぶりにラジオCMとか作りたいなぁ〜。

ご依頼、お待ちしています♫

柳緑花紅

2019.03.12

category...
Column社長通信

雨が続いていたのに、今日は本当に良いお天気でしたね。

事務所の1階にある庭のコスモスや、

クレオメが今を盛りと咲き誇っています。

(1階は実家なので、花好きの母が花咲ばーさんとして

いつも何やら植えているのです)

慶良間ツツジも満開になり、春を感じるばかりです。

 

さて、満開の花とは真逆で、昨日は仕事でミスが連続してしまった上に

風邪気味のため、かなり気分が落ち込んでいました。

 

夕方、毎週楽しみにしている茶道に向かったのですが、

棗に入れる抹茶をぶちまけたり、水差しの水もこぼすわと

なんだかヘマばかり。

 

さすが、先生は心の乱れを感じたらしく

いつもならお道具拝見の稽古がありますが

『今日は、疲れているようだからやめておきましょう』と

早めに稽古終了しました。

 

ふと、お軸を見るとその日のお軸は『柳緑花紅』。

先生は『柳は緑、花は紅色。ただそれだけの自然、

ありのままの姿であるということよ』とのことでした。

 

昨日は、疲れ切って家路につき

そそくさと寝床に入りましたが、朝になってもまだ心はどんより。

 

出勤する階段の側には、まさに『柳緑花紅』の光景が。

いらんことで悩んでいるなぁと反省しました。

 

奇しくも昨日は3月11日。

昨日と同じ今日がくるという確約はどこにもありません。

生きている事に感謝し、今日を精一杯生きるのみだなと思いました。

置かれた場所で、咲いて行きます。

スマホで簡単写真修正

2019.03.11

category...
Columnその他

仕事柄、写真を撮る機会も多いですし、

プロのカメラマンとお仕事する機会も多いので

自然とスマホで撮る写真も色味とかが気になってしまいます。

 

気になってしまうだけで

写真を撮るのが上手というわけではありません。

へたくそなりにごまかす術をちょちょっと駆使しています。

 

自撮りなら優秀なアプリが沢山ありますが、

フツーーの机の上の写真とか、

庭の花とかはどうすんの!?ってことですよ。

 

ちょっと時期が過ぎてしまいましたが

先日キレイに咲いている桜があって

撮ってみたんですが、なかなかひどい出来でした。

(iphone6で撮りました)

 

  

冬は曇天が多いのでどうしても暗ーい光になりがちです。

そんな時はiphoneに最初からついている

写真機能だけでもいい感じになります。

 

知ってるし、やってるし、って方はスルーでお願いします。

 

 

まずはここの「編集」をタップ。

 

すると下のような黒い画面になります。

カンタンに調整したいなら、三つの○が重なったアイコンをタップ。

ざっくりと色を調整してくれます。

コレだけでもいいのですが、

 

若干イマイチダナー、と思ったならその横のやつをタップです。

すると、ライト・カラー・白黒と表示されます。

 

まずは「ライト」をタップ、「明るさ」を触ります。

バーを動かすと全体が明るくなります。

「露出」(これも明るさの調整です)もちょこっと触ります。

 

次に「カラー」の「彩度」を触ります。

鮮やかさを戻します。

最終的にもう一度「ライト」で全体的な明るさの調整。

 

出来ました!

 

アレもコレもこうです!

 

やってみると意外と簡単なのでお試しあれ!

 

今月の玄関ディスプレーはイースターがテーマ

2019.03.07

category...
Column社長通信

玄関スペースは、季節を感じるディスプレーをすることにしています。

雛祭りも終わったので、お雛様を早速終いました。

今月は『イースター』をテーマにしたディスプレー。

『イースター』というと、うさぎと卵をモチーフにした可愛いイベントと

思っている方もいるかも知れません。

最近は東京ディズニーランド始めテーマパークのイベントになり、

そのイメージが強いと思います。

そもそも『イースター』は、イエス・キリストが十字架に架けられて

亡くなられてから3日後に復活されたことを祝う『復活祭』のこと。

カトリックではクリスマスと並ぶ重要なお祭りです。

クリスマスはキリストの誕生を祝いますが、

復活祭はキリストのよみがえりをお祝いするのです。

実は、『イースター』は毎年開催される日が異なります。

ちなみに今年は、4月21日(日)となっています。

基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に

祝われるため、年によって日付が変わります

カトリックの行事が、なぜ卵やうさぎがモチーフになるのか?という

卵とうさぎは古来より豊穣のシンボル。

さらに、卵はキリストの復活を意味していると言われています。

私の通う教会では復活祭のミサの後に、お庭のあちこちに色付けした卵を

隠して子供達が卵探しをしていました。

また、私は復活祭の時に洗礼を受けたので

イースターは受洗の思い出もあります。

(今じゃ、すっかり隠れキリシタンですが・・・)

ウンチクは置いといて、鳥かごや卵など

以前ウエディングの撮影で使用した小物がありましたので

コーディネートしました。

フォトスタンドには、ビンテージのイースターカードを入れています。

なんだか可愛くなりましたが、

玄関開けるたびに嬉しくなります。

『ハッピーイースター!』

暗闇レストラン~全盲の方にサポートされて~

2019.03.06

category...
Column社長通信

先週、中小企業家同友会の健障者委員会主催の、

『暗闇レストラン』に参加しました。

 

『暗闇レストラン』とは、1999年にチューリヒで世界で初めてオープンした

真っ暗闇の中で食事をするというレストラン。食事のサービスなどは

視覚障害のある方が務めます。全盲の方の生活を疑似体験できるとして、

世界中に広まったそうです。

 

今回、『暗闇レストラン』は沖縄ホテルにて開催されました。

サポーターとして、視覚障害のある方々が4人ついて下さいました。

まず参加者は、説明を受けた後にアイマスクをして別会場へと移動します。

もちろん、何も見えないので4~5人一組となり

前の人の背中につかまりながら一歩づつ前進して移動。

先頭に立つのは、視覚障害のあるサポーター。

流石にスタスタと歩かれるので、ついていくのが必死です。

(みんな生まれたての子羊状態~)

 

会場はこんな感じで真っ暗です。

料理が用意された会場に着くと、一人一人手を取ってもらい

指定の席へと座っていきます。

これだけでも、まごまごしてアイマスクの私たちは大騒動。

 

やっと席に着くと、なんと料理は松花堂弁当。

事前に、ホテルスタッフがグラスやお弁当の位置などを

手で触りながら教えてくれるのですが、

距離感が全く分からず、やっとさわれたコップを握りしめる私。

乾杯するためにウーロン茶やビールを注ぐのですが、

グラスに指を入れて、どこまで注いだか確認しながら

溢れさせないようにする始末です。

 

(灯りがつくとこんな感じです)

私のテーブルでは、読谷山こずえさんがサポーターについてくださり、

アイマスクで悪戦苦闘する私たちに、『おしぼりは右にあります』とか

的確にアドバイスしてくれます。

 

何も見えない中で刺身、焼き魚、天ぷら、煮物が盛り付けられた

松花堂を頂くのは、まさに手探り状態。

触って確認しながら、口に運びました。

 

正直、刺身などはマグロとカジキがあったのですが(食後に判明)

味がわかりません!挙句に添えられたわさびを思い切り

食べてむせるという感じです。

 

普段、テレビを見ながら食べることも多いので

いかに食事を意識せず『ながら食べ』しているのかを思い知らされました。

なんとか、デザートまで食べた後に、アイマスクを外して

散らかったテーブルを見て状況を理解しました。

 

(食後のテーブルです)

 

サポーターのこずえさんは、沖縄県立盲学校にお勤めですが

プロの音楽家でもあります。学生時代にオペラに出会い

武蔵野音楽大学進学後、イタリアにも留学。

東京の暗闇レストランで働いた経験もあるそうで、

可愛らしい外見と、行動力を備えています。

 

普段、視覚障害の方とお話しする機会がないので、

私も含め、参加者はこずえさんに質問攻め。

こずえさんは、以前打ち合わせでお目にかかった時も

オシャレでお化粧もナチュラルで素敵です。

どうしてそんなに綺麗で可愛くいられるのか?

質問したところ、ブラインドメイクをしている

メーカーの美容部員さんが、全てアドバイスしてくれて

顔立ちに似合うメイクを覚えられるそうです。

(ただでさえ、メイクやオシャレは雑な私は尊敬するばかり)

 

もう一つ、こずえさんのお話しで印象に残ったのはイタリアでのお話。

以前、留学したイタリアでは基本的にどこに行くにも不自由はなかったそうです。

それは文化として、ハンディキャップのある方には

気軽に自分ができる手伝いをするから。

歩いていると、『どこにくの?連れて行くわよ』と声をかけるそうです。

さらに、連れて行って別れる際には

『手伝わせてくれてありがとう!今日はラッキーだわ』と話されたとか。

つまり、お手伝いすることは当たり前で、自然なこと。

ハンディキャップのある方と関わることは、

四つ葉のクローバーを見つけるように、ハッピーの象徴のようです。

とても、心に残るエピソードでした。

 

沖縄でも、気軽の声をかけてお手伝いさせてもらえたら

今日一日、ハッピー!という文化を作らねばと思いました。

どちらにせよ、まずは現状を知って関わりを持たなければ何も始まりません。

どんな人でも、暮らしやすい世界に。

自分ができることを、コツコツやりたいなと思った

『暗闇レストラン』体験でした。

会社が変わる、社風を造る。

2019.02.26

category...
Column未分類社長通信

仕事柄、様々な企業の広告を作らせて頂いています。

広告と言っても、弊社の場合はその成り立ちやバックボーン、

現状と課題、さらに将来像まで伺った上で取り掛かることが多いので

ご依頼いただいた企業を通して、その企業の提供するサービスで

成功や変化の過程を見ることがあります。

 

今回、ご紹介する『株式会社いしかわ文明堂』様は、

まさに企業の変化&成長の請負人と言えます。

 

1952年の創業以来、文具の販売に止まらずコピー機&事務用品の販売へ。

さらに、現在では『オフィスリフォーム』と『オフィスカイゼン』へと

提供するサービスは進化しています。

 

『オフィスリフォーム』では、

通常ならオフィス家具の販売や設置のみというイメージ。

しかし、いしかわ文明堂ではヒアリングから納品まで

一貫してアドバイザーが担当し、

何が一番、快適な環境で働けるのかをスタートからプランニングしていきます。

例えば、『カフェのような雰囲気のオフィス』『スポーツジムがあるオフィス』なんて

リクエストを出せば、一生懸命一緒に考えてくれるはずです。

実際、取材させてもらった社員の方がお客様の細かいオーダーに、

一つ一つ丁寧に答え、解決案を出していたのは印象的でした。

 

『オフィスカイゼン』は、『整理・整頓・清掃]の『3S(スリーエス)』を

基本としたカイゼン運動で、

継続していくと企業の社風まで変えてしまう効果があります。

 

こちらも、取材させて頂いた際にいしかわ文明堂様の顧客先である

一見無骨な職人気質の社員さんが、ちょっと嬉しそうに前は雑然としていたけど

こんなに職場がきれいになったと熱く語っていました。

 

『オフィスカイゼン』の効果を一番、感じられるのは

年に1回ある3Sの効果発表会。

ここで『オフィスカイゼン』に取り組んだ企業の社員さんが

成果をプレゼンテーションします。

プレゼンすること自体が初めてという作業服姿の社員さんが、

一生懸命に語る姿は、とても生き生きしていて

会社全体の空気を変える一歩になっただろうと感じることができました。

 

いしかわ文明堂様の仕事は、いしかわ文明堂様の仕事だけでなく

提供するサービスによっていしかわ文明堂様の

顧客先の変化まで感じることができる貴重なクライアント様でもあります。

なんだか、2倍、3倍取材させてもらうような感覚です。

 

今まで、『3S』の紹介パンフレットはじめ

広報物を制作させて頂いてきましたが、

2月にホームページリニューアルを担当させて頂きました。

(ちなみに、プロモーション動画も弊社の企画制作です。

企業紹介と採用動画として制作しています。)

ぜひ、ご覧ください。

(ちなみに代表者ブログ、更新頑張っていらっしゃいます)

2月から、不動産事業部もスタートされました。

企業の発展と、社風創造に貢献されるいしかわ文明堂様。

今後も、要チェック企業です。

季節を楽しむこと。暮らしを楽しむこと。

2019.02.22

category...
Column社長通信

事務所の玄関スペースに少しですが

小物をディスプレーできるスペースがあります。

現在は、3月のひな祭りを感じられるように立雛と、

金城由美子さんの花入れに桃を投げ入れています。

季節ごとに、玄関スペースを飾ることで

毎日、事務所のドアを開く度、何だか嬉しくなります。

 

女性だと、季節の小物や雑貨、器を見ると

テンションが高くなると思いますが、

沖縄では意外にそんなお店が少ないと思います。

 

いつもショップを探しているけどなかなか見つけきれない~

そんな迷える素敵な器&雑貨ショップハンターの方々に

おすすめしたいのが、宜野湾市にあるアンカー商事様です。

 

ハッキリ言っておきますが、ここからは宣伝です!

しかし、私自身が大ファンなので大っぴらに宣伝しますよっ!

(どんな開き直りなんだ)

 

アンカー商事は、業務用の器を扱う専門店。

しかし雑貨や小物、ギフトなども豊富に揃っています。

さらに、那覇市松山にはグラス専門店の『House of Glass』もあります。

(こちらもシャンデリアや、ギフト用の小物なども置いてます)

 

一階&地下フロアには和洋中の食器はもちろん、

調理器具やグラス、雑貨がてんこ盛り。

スーパーや量販店では、種類やサイズがない!

しかしここでなら、種類もデザインも豊富で選ぶのに迷うほど。

(鍋物用の鍋を探していた弊社のパートさんにお知らせしたら、

早速訪問して理想のお鍋をゲット!その後もお重ゲット!など

行き倒しているそうです)

 

季節ごとの雑貨や、飾り物などもあるので

毎回、お店を訪れるたびに物欲を刺激されるという

危険なお店でもあります。

 

さ・ら・に!会員になると

一般は10%OFF、業者さんは15%OFF。

お財布にも優しいお店です。

 

ナルミやノリタケはじめル・クルーゼやティファールなど

ブランドも多数扱っているのも嬉しいのです。

さりげなく、ロイヤルコペンがあったりするので

店内を回るときは宝探し気分。

 

もちろん、沖縄の行事に必要な法事関連の食器なども

あるので、長男嫁の皆さんの強い味方になってくれますよ。

 

詳しくはアンカー商事さんのホームページを

チェックしてください。

 

最後に壮大な宣伝の仕上げですが、このホームページは

弊社が制作しました♫てへっ

 

ぜひ、みなさまアンカー商事様をご贔屓に!

新規開業の飲食業の方には特にオススメです。

夢ケーキinオキナワ 愛隣園2019

2019.02.20

category...
Column社長通信

 

先週17日の日曜日は、夢ケーキ実行委員会主催の

『夢ケーキinオキナワ 愛隣園2019』に参加してきました。

『夢ケーキ』とは、長野の『菓匠清水Shimizu』の代表者である

清水慎一パティシェが始めたプロジェクトで、

子どもたちに自分の夢の絵を描いてもらい、その子どもたちの夢をパティシエと一緒に「夢ケーキ」としてつくります。夢を語り合う家族団らんの時間を提供したいという思いからスタートしたプロジェクトです。

沖縄県中小企業家同友会で清水さんが講演したことをきっかけに

沖縄県中小企業家同友会 健障者委員会のメンバーである

(株)ベストコンサルタントの宜保社長を中心に

沖縄でも夢ケーキを実現しようと、4年ほど前から取り組んでいます。

今年は、思いやりと強さを併せ持つ社会人になることを支えたいという思いから

児童養護施設『愛隣園』で開催。同園での開催は2回目となります。

当日は長野から清水さんと小松さんの2人のパティシェが駆けつけてくださり

待ちに待った夢ケーキのスタート。

 

最初に清水さんと小松さんが、マジパンを使ってのデモンストレーションを披露。

子供たちのリクエストに答えて、さまざまなものを作り出す2人は

まるでマジシャン!子供達も食い入るように見つめて質問ぜめです。

 

子供達は、真っ白いケーキの上に、色とりどりのマジパンやフルーツで

自分の夢を描いていきます。

夢ケーキでは事前に、どんな夢をケーキにしたいのかをアンケートシートに書き込みます。

各テーブル上に置かれた子どもたちのシートを何気なく見ていると、

ほとんどの子供は、親への感謝を綴り、ケーキを家族で食べたいと書き込んでいます。

他にも、大きくなったら金持ちになって親孝行したい、

有名人になって親を喜ばせたいと将来の夢を書き込む子もいました。

ここにいるのはさまざまな事情があり、親や家族と暮らせない子供達。

どんな事情があろうが、子供は親を慕うのだと胸が締め付けられる思いがしました。

子供たちに声をかけながら、一緒にマジパンで作っていると

本当に表情豊かで、子供の伸びやかさを感じます。

昨年から伺っているので、この1年ですごく成長した子や、

昨年の夢はバスの運転手だったのに、夢ケーキがきっかけで

夢がパティシェになった子がいたりして、

このイベントの意義も感じさせられました。

 

 

出来上がりのケーキはこの通り、

個性豊かで本当にパワーあふれるケーキの出来上がり。

その後は、清水さんが子供たちに

夢を叶える方法と題してのお話会がありました。

みんな真剣に聞き入っていて、

将来大きくなって進路を迷った時に

思い出して欲しいなぁと願わずにはいられません。

無事に笑顔で閉幕しました。

 

弊社では初回からポスターやチラシなどの広報物の制作を協力していますが、

今回、担当の先生が子どもたちがポスターをとても喜んでくれたと

話して頂き、自分たちができることで少しでも喜んでもらえたならよかったと

しみじみ思った次第です。

帰る際に、『また来年もきてね!』と笑顔で手を振る子どもを見て

長く続けていきたいと思い帰途についたのでした。

炉端でチゲ鍋&伊勢海老の会

2019.02.16

category...
Column社長通信

先週の土曜日は、午後から超豪華メンバーとチゲ鍋会。

(石垣の例会翌日でしたが、午前中は仕事して駆けつけました)

 

陶芸家金城由美子さん宅で、ライフスタイルコーディネーターの

崎浜千春先生や、スパイスの魔術師・萩原久枝先生、

フラワーコーディネーターの越前多恵先生、

さらに素敵なゲストも参加しての美味しい新年会でした。

贅沢なメンバーを繋いでいるのは、私の元クライアントで

20年来のお付き合いとなるS様。

 

S様との出会いがなければ、こうなっていなかったでしょう。

人とのご縁は本当に不思議です。

 

由美子さん宅は、建築家のお父様のこだわりを感じる空間。

なんと、囲炉裏もあるのです!

炭火で頂くチゲ鍋。料理の仕上げは先生方ということで

文句なしの美味しさです。

器はもちろん、由美子さんの器。

これがまた、料理に映えて美しいことこの上ない。

 

ちなみに、お料理の準備段階でこの美しさ。

チヂミもこれまた、絶品!添えられたキシナのサラダは、塩を少々とごま油に

韓国海苔をさっと散らして絶妙な仕上がり。

 

一人一尾の伊勢海老も味噌たっぷりで至福の時。

締めは、細く切ったえのきと少々のご飯に

チーズを散らしてリゾットに。

千春先生のシフォンケーキがデザート。

もう、お腹いっぱい!大満足。

 

センスの良い方の集まりなので、

多恵先生は、持参した白いひまわりとアネモネを

由美子さんの花瓶にさっと生ける粋な計らい。

 

緑が茂るお庭でぼーっとしたり、

みなさんとのおしゃべりを楽しんだり

笑いの絶えない新年会を過ごさせていただきました。

 

こんな豪華なナイスセンスのメンバーと新年会。

贅沢だなぁ〜。

 

ちなみに、その日頂いたS様手作りの柚餅子は、

日本酒との相性もバッチリ。ありがたく少しづつ楽しみながら頂いています。

本当に楽しかった!ご馳走様でした。

 

 

石垣で開催した販促と採用がテーマの例会について

2019.02.15

category...
Column社長通信

先週、7日に石垣のホテルミヤヒラに於いて、

沖縄県中小企業家同友会の女性経営者『碧の会』と八重山支部の

合同特別例会として、

顧客に寄り添い、地域を見つめる小さな会社の集客術〜販促から採用まで〜

と題して、ネットリンク(株)の登野城社長と私で例会報告しました。

 

当日、石垣入りしたのですが雨の予報で心配していた天気も持ってくれて

44名の参加もあり、無事に開催できました。

 

前半は、販促に関して登野城社長の報告でしたが

SNSを活用してすぐに活用できる販促のヒントも多くありました。

登野城社長はご両親が石垣出身と言うこともあり、

お祖母様も見学にいらしていました。

(お祖母様はドキュメンタリ映画『海の彼方』の主人公になった有名人)

孫の晴れ姿、嬉しかっただろうなと暖かい気持ちになりました。

 

後半は、いよいよ私が担当の採用についての報告。

実際に携わっている現場のリアルな様子を報告しながら、

業態によって変わる求人方法や、新卒募集と中途採用の違いなど

ポイントをまとめてお伝えしました。

 

報告後の質問シートには鋭い質問もありましたが、

無事に報告も終了。

例会の報告者になるのは、自身の事業に対する振り返りや

今後について見つめ直すので、自分自身が一番勉強になると言われていますが

その通りだなと感じた例会報告になりました。

 

翌日は、石垣在住で同友会の副代表理事である

『株式会社ゆにばいしがき』の津嘉山さんの案内で、石垣の企業訪問へ。

 

途中、津嘉山さんの素敵な自宅に立ち寄ったところ

今年から飼い始めたと言うペットのミニブタちゃんを披露してくれました。

十二支をペットに飼う予定だそうで、今年からミニブタちゃんでスタートしたそうです。

12年後にどうなっているか、楽しみです。

津嘉山さんは、障害者雇用や支援に積極的に取り組んでいて

農場やハウスの運営などの事業で支援しています。

空港へ向かう途中、自社農場であるマンゴー農場や島らっきょうの畑も

案内して頂きました。

障がいを持つ方々が働いていらっしゃいましたが

みなさん、本当に良い笑顔で元気いっぱい。

こちらが元気をもらいました。

 

例会報告で訪れた石垣島でしたが、

多くの学びと出会いがありました。

 

採用にまつわるエトセトラ〜よく観ること〜

2019.02.05

category...
Column社長通信

昨年から引き続き、採用に関するご相談やお問い合わせを頂きます。

 

データ上ではどうなのか、少し調べてみると

沖縄振興開発金融公庫(以下、公庫)が実施している「県内企業景況調査結果」

(2019年 1月18 日発表)によれば、 当面の経営上の問題点として、

16 期連続で「求人難」の割合が最多。

次に「人件費の増加」となっています。

⼈⼿不⾜の問題や懸念を有する企業は、

過半数から約8割に増加というデータが出ていました。。

このデータを見ても沖縄の人手不足問題は深刻化しているのがわかります。

 

しかし人手不足の中で悩まれ、ご相談を受ける企業の多くが、

対策をされていないケースも多いのも事実。

 

例えば、就職希望者の視点で考えると

今どき、企業の情報はホームページでチェックします。

 

ところが相談にいらした企業のホームページはと言うと・・・

ホームページに採用のコンテンツがなかったり

作っていたとしても、ありきたりの情報しか掲載されていない、

更新したのは数年前・・・。と言う状況。

それでは応募がないのも頷けます。

 

「今の若者の気持ちがわからない」と嘆く前に、

ヒントは身の回りに多く落ちているように思います。

 

一例ですが私には高校生と大学生の姪がいます。

私は彼女たちとtwitterをフォローしあっています。

彼女たちが何に👍しているか、何をツイートしているのか

それだけでも流行りや興味の対象がわかります。

(アイコンのイラストや写真だけでも趣味の傾向がわかる)

 

つまり、対象である年齢の就活生の行動や思考を

よく観察することで、採用戦略に活かすネタは

多く落ちていると思うのです。

 

ビジネス的に捉えると初めての営業先に出向く際、

相手のことをよく調べて観察することと同じだと思います。

 

そうは言ってもという場合は、ぜひ弊社にお声がけください。

ちなみに、明後日7日に石垣にて

沖縄中小企業家同友会の八重山支部&

女性経営者部会「碧の会」合同特別例会を開催しますが

雇用をテーマにお話しします。

販促については、ネットリンク株式会社の登野城社長が

すぐ役立つ情報満載の報告を致します。

とってもお得なこの例会。

石垣のお知り合いがいらしたら、ご紹介ください。

参加費無料で、ゲスト参加も大歓迎です!

 

コラムに見せかけて、例会の宣伝をすると言う

腹黒いお知らせでした。

(真面目に話しますのでよろしくお願いします)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • MAIL: info@caritas-ad.co.jp
  • TEL : 098-953-3295
  • FAX : 098-953-3296
  • ADDRESS :
    沖縄県那覇市具志2丁目7-14
    宮里方 2F

信頼関係で仕事をしていきたいという思いから、コンペは受けません。