column-社長通信-

休日はYou tubeをBGMに

2019.09.21

category...
Column社長通信

3連中の初日なのに、台風ですね〜。

(あまり、連休は関係ないですが・・・)

 

休日に残務処理することが多いのですが、

旦那はんも似たような状況なので

自宅のリビングでお互い、

猫に邪魔されたりしながら

パソコンに向かいパチパチやっています。

 

(こちらは、昨日のラグビー日本代表の活躍を確認するニコさん)

 

最近、休日の仕事時間のお供になっているのが

You tubeです。

最新の音楽MVが流れているので、

今まで流行に疎かった旦那はんの音楽知識が大幅にバージョンアップ。

米津玄師、あいみょんなどのメジャーどころから

King Gnuや女王蜂とかも、わかり始めました。

ついこの間まで、RADWIMPSも知らなかったくせに・・・。

最近では、PVのイントロで『King Gnuの飛行艇や〜』とか

言い始めるようになりました。

まあ、世の中でウケてる物を見るのは職業的にも必要と思うので

良かったです。

 

私もYou tubeを見るのは、CMやPVづくりのアイデアソースにもなるので、

仕事しながらネタの仕入れもやっている感じです。

休日の仕事時間は、猫とコーヒーとYou tube。

この3要素で構成されています。

 

月次会議は大騒ぎ

2019.09.14

category...
Column社長通信

今日は月に1度の月次会議でした。

そして、もちろんネコ社員メイさんも絶賛参加。

なのは、良いのですが

いざ、会議スタートとなった瞬間に『おもらし騒ぎ』

(ちゃんとトイレ出来るくせに、注目集めたい時にやらかします)

 

数字の振り返りや、年末までの予測、さらに次年度への種まきなど

営業的なことから、それぞれの課題なども話しますが

この方が真ん中にドーンといらっしゃるわけです。

 

お前ら、ちゃんと聞いてるか!

もっと、私のために稼ぐように!

き、厳しい営業部長メイさん。

 

何はともあれ、厳しいけど可愛い営業部長のおかげで

みんな頑張っております。

 

『ねばならない』の呪縛

2019.09.13

category...
Column社長通信

朝起きて、今日のルーチンを考えた後に

何を考えるかと言うと・・・・・

ズバリ『今日のご飯』です。

 

夕飯は、会食がない限りほとんど自宅の我が家。

なので、毎日の夕飯メニューを考えるというワケです。

(2〜3日分のメニューは常に考えて買い物はしてますぞ)

 

うちは子供もいない中年2人暮らし。

さらに、お弁当作りとかもない状況なのに、

なぜこんなにメニュー作りに悩むのか?

(私の料理スキルが低いことは、この際置いておく)

 

その原因を辿ると、思い当たったのが

『自分で手作りしなくちゃグータラでダメな女』という

良妻賢母であらねばならない!という

『ねばならない!』の呪縛です。

 

心のどこかで、店屋物やお弁当、お惣菜ばかりじゃ

家事に手を抜く駄目妻という意識があるから後ろめたい・・・。

だから、ランチタイムにクックパッドを見て、

『簡単 キャベツ』(簡単がつくとこがリアルでしょ)

とかのキーワード打ちながら、

夕飯の段取りを考えるなんてこと

してるんじゃないかと思い当たったのです。

 

しかし本音を言えば、小さくとも会社を回してる

私は経営者であり、現場も回してるプレイヤー。

仕事のことだけ考えて、それこそ家帰ったら

昭和の親父のように

『メシ!風呂!寝る!』と言いたい。

 

なのに、なるべく夕飯を手作りしようとするのは

『ねばならない!』の呪縛なのではと思うのです。

因みに、主人は私の性格がこんな『メシ!風呂!寝る!』宣言を

したい昭和親父であり、経営者であることに理解があり、

必ず『ご飯は手作りで』という性格ではありません。

 

なのに、なぜこだわるのか?

仕事ばかりで家事も適当〜な自分に後ろめたさがあるから

せめてご飯ぐらいは手作りする女性でありたいという

『ねばならない!』の呪縛に囚われているからだと思い至ったわけです。

 

しかし、最近とうとう手を出しました・・・。

それは・・・禁断の『カット野菜』

いやー、便利です&さらにお得です。

使い始めたら、時短だし洗わなくてもいいしブラボー!

こりゃあ、働く女性の味方だね。

 

すると、先日クライアントに伺った際、

たまたま女性ばかりのメンバーで話題に上がったのが

『カット野菜』!

みんな感じていたことは同じだったようで

罪悪感があったけど、使い始めたら便利でもう戻れない!と

大いに盛り上がりました。

 

これから、どんどん働く女性が増える時代。

私たち女性自身の価値観も『ねばならない』の呪縛から

抜ける必要があるなと感じた出来事でした。

(画像は、コラムを書く私をふ〜んと眺めるメイさんです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄って美しい島だなぁ

2019.09.10

category...
Column社長通信

ここ最近、ずっと撮影三昧です。

ちょっと前に

スタートは名護から、今帰仁、宜野座、浜比嘉経由で

ラストは首里という沖縄縦断する撮影がありました。

 

ご覧ください。この風景。

滝から、森から、海から、民家まで。

沖縄には素晴らしい自然がまだまだあります。

撮影の為に、訪れたスポットはどこも美しい場所ばかり。

 

カメラマンと同行したので、やはりよくスポットを知っています。

おかげで、素晴らしい写真がたくさん撮れたので大満足。

 

でも、その中でカメラマンと話していたのですが

かつては、地元民しかおらず沖縄の原風景といって良い場所が

多く存在したにも関わらず、

観光客の激増やインバウンド客、

さらにインスタ映えを求めて、

こんなとこまで人が来るの?といった場所まで大混雑。

いわゆる観光疲れが、多く見られました。

 

撮影となると、人の少ない穴場を探して撮影するのですが

その穴場が激減していることを、

今回の撮影でも痛感しました。

 

先月の東洋経済に『ハワイvs沖縄』特集号がありました。

今や観光客数では、ハワイと肩を並べるまでになった沖縄。

記事では、今後の課題としていかに沖縄の文化を認知させ

観光資源にすることができるかが今後の発展を左右するとありました。

確かに、ハワイは『ロコスタイル=現地の人の暮らし方』が

憧れと捉えられ、フラやサーフィンも文化として定着しています。

 

沖縄の私たちの暮らし方、生き方が

世界に人に認知され、敬意を抱いてもらうことは

真の観光立県に繋がるものと考えます。

 

この美しい風景がこれ以上、壊れないようにする為にも

環境と心の保全をいかにしていくかが

沖縄人としての生き方に繋がると感じた

撮影旅行(仕事ですが)でした。

 

いやー、しかし暑かった!

 

『碧の会』30周年記念コシノジュンコ氏 講演会

2019.09.08

category...
Column社長通信

私が所属している沖縄県中小企業家同友会

女性経営者部会『碧の会』が今年、30周年を迎えます。
記念にコシノジュンコ 氏をお招きした講演会を

9月5日に開催しました。

昨年度から、実行委員会を立ち上げ準備してきました。

講演はもちろんですが、

30周年なので歴代部長の表彰などの記念式典や

学生にも聞いてもらおうと各大学への招待など、

企画も盛りだくさん。

 

大きな周年事業に関わったことは、

自分自身の良い経験にもなりました。

 

講演前日には、コシノジュンコ氏を囲んでの夕食会を開催。

世界的なデザイナーの方なので、緊張していたのですが

とても気さくでチャーミングな方でした。

とても、印象的だったのは誰に対してもフラットで丁寧な対応。

3時間近くの会食の中で、色々なお話もさせていただきました。

 

東京オリンピックや大阪万博などにも関わっていることもあり、

政府のお仕事も多いそうですが、

『デザイナーは、サービス業。だから文部科学省ではなく経済産業省なのよ』

という言葉に感銘を受けました。

デザイン経営は最近こそ、ユニクロのデザインをした佐藤可士和さんや

くまモンの水野学さんの活躍で注目されてますが

競争激しいファッション界で活し続けるコシノジュンコ先生は

数十年前からデザインと経営は両立せなばならないことを

感じていたのだと感動しました。

 

もう一つ、人と人を繋げるアイデアが盛りだくさん。

その原点にあるのは、『こうやったら楽しいわよね』

『こうしたらもっと美しくなる』という喜ばせたいという思いだと。

とても刺激を受けました。

 

食事会のラストには、写真も快く撮影。(皆で明日頑張るぞーのポーズ)

 2ショットも!

講演会は当日は、台風の影響で雨の中でしたが大盛況。

(画像は碧の会よりお借りしました)

 

多くの方にも参加頂き、主催者側としては心から感謝。

碧の会を立ち上げたチャーターメンバーの先輩方も多く

来場下さり、華やかなつどいとなりました。

もう一つ、嬉しかったのは懇親会で、

以前習っていたフラメンコの冨原千智先生が出演くださったこと。

久しぶりに先生の踊りを見て、フラメンコの奥深さも感じました。

30周年の大イベントでしたが、良い経験になりました。

  • MAIL: info@caritas-ad.co.jp
  • TEL : 098-953-3295
  • FAX : 098-953-3296
  • ADDRESS :
    沖縄県那覇市具志2丁目7-14
    宮里方 2F

自分自身がドキドキする仕事を、一生やり続けたい。