Caritas notes

雲を見る心の余裕

2018.11.20

category...
Column社長通信

打ち合わせのために、

スタッフと高速道路を走っていると

助手席の彼女が『雲がきれい!』と写真をとりました。

少し前に、難しい仕事の話をしていたので

美しい雲の様子に気付いて写真をサッと撮影できる彼女に

感心してしまいました。

 

心のスイッチを切り替えるのが下手な私は、

嫌なことや、腹の立つことがあると、

しばらくはその事ばかり考えてしまいがち。

とてもじゃないけど、美しい景色に気付くことができません。

 

経営コンサルタントである主人から、

以前勤務していたタナベ経営の田辺社長に同行した際

『どんなに激しい議論をして、思うような結果が出なかったり

大失敗をして落ち込んでいたとしても、

そのクライアントの門を出たら、おお今日は空が綺麗なだなぁと

思うようにしないといかんぞ」と言われたそうです。

 

失敗や問題を忘れろという訳ではなく、

負の気持ちをスパッと切り替える心の余裕が必要という事なのだと

私なりに解釈しています。

 

悩むときはしっかり悩んで、

結論が出ないときはサッと忘れて

道端で懸命に咲く野の花や、日向ぼっこしている猫に

微笑む余裕が欲しい。

 

イライラモードスパイラルに入りそうになったら、

一呼吸して空を見る。

スタッフの何気ない行動から、

心を整える習慣をつけていきたいなと思いました。

 

ちなみに、下記がスタッフの雲ギャラリーです。

  • MAIL: info@caritas-ad.co.jp
  • TEL : 098-953-3295
  • FAX : 098-953-3296
  • ADDRESS :
    沖縄県那覇市具志2丁目7-14
    宮里方 2F

まずは、やってみる。いつだってそれで新しい世界がみえる