Caritas notes

キャラクターはお任せあれ!

2018.08.29

category...
Column社長通信

最近、東京五輪キャラクターのネーミングが発表されましたね。

大きなイベントや企業イメージを広めるために

不可欠となっているのがキャラクター。

今や、右も左もキャラクターだらけ。

ゆるキャラが大ブームを起こすなど、

いつのまにかPRに必要不可欠な存在になっています。

今でこそ人気のキャラクターですが、

ひと昔前は、提案しても『マンガなんか書いてどうするの?』という

企業がほとんどで、なかなか有効性を訴えても理解してもらえませんでした。

ところが今ではキャラクターは当たり前という風潮になりました。

なぜここまで広がったのか?その理由を広告の観点から考えて見ます。

 

1)他社との差別化

オリジナルキャラクターを作ると、それだけで他社との差別化ができます。また、認知力が高いので多くのターゲットに好感を持って受け入れられる要素が高いのです。

 

2)問題を起こさない

タレントやモデルなどを使用した場合に比べて契約期間もなく(既存の人気キャラは別ですが)

問題行動を起こすなどはありません。

 

3)自社のプロモーション展開に活躍

社内報はもちろん、会社案内や看板、ホームページなど様々な広報物に展開が可能です。着ぐるみを作って、イベントにも活用ということもできます。

 

4)グッズ展開も可能

ユニフォームに取り入れたり、販促用のグッズに入れたりと自社グッズとしても活用できます。

 

5)キャラなら言いやすい

自社商品の良さをアピールするにも、キャラクターなら嫌味なく伝えることができます。

 

などのメリットが挙げられます。

実は、弊社はオリジナルキャラクター制作は得意分野。

実績もかなりあります。

 

<実例1>

りゅうせきグループ様キャラクター

ぴたプラネット

ピピッタ・スピッタ・チャピタ・ジュピタ

60周年記念事業として制作されたキャラクターです。

ぴたプラネットに住んでいるという設定。

事業内容に関連して火・風・水・緑をイメージしたキャラにしました。

<実例2>

沖縄大学様

プロフェッサーとベンジャミン

教授と助手という設定。

CMにも展開されたこともあります。

シンプルなタッチなので、学生さんたちも部活のチラシに使ったりと

活用されています。オープンキャンパスでグッズになったことも数知れず。

<実例3>

沖縄女子短期大学様

オコジョのオキジョさん

女子学生が多いので、カワイイイメージで製作したオキジョさん。

インスタやツイッターにも学生と一緒に登場しています。

キュートなキャラは、グッズにも使用され大活躍。学生さんに人気です。

ちなみに、ぬいぐるみも弊社デザイナーが製作。

キャラならお任せください♬

  • MAIL: info@caritas-ad.co.jp
  • TEL : 098-953-3295
  • FAX : 098-953-3296
  • ADDRESS :
    沖縄県那覇市具志2丁目7-14
    宮里方 2F

カクタスでもカルタスでもカリスタでもありません。カリタスです!